ポスティングの魅力

ターゲットに確実にリーチする有効手段。それが「ポスティング」 チラシ一つひとつが単独で配布されるので、チラリとだけでも必ず目にとめてもらえるのが「ポスティングチラシ」。サイズ問わず対応でき、また紙媒体に限らず様々な形状の広告をお届けできるのも特長です。私たちOASISでは、広告内容や配布エリアを事前に十分に検討し、少数精鋭で経験豊富なスタッフと共に、クライアントの皆様に最大限の効果を提供することを第一に考えたポスティングを展開しています。

「有益な情報」にするか「ただのゴミ」になるか。

新聞購読率は年々下がり、都市部の20代〜40代においてはおよそ40%と言われている昨今、折込チラシでは以前のような効果を生み出すことが難しくなっているのが事実です。また、複数のチラシに紛れ込んでしまうことで、目を通されることもなくゴミ箱行きになることも。これでは広告として、情報としての価値は限りなくゼロに等しくなってしまいます。

「チラシに掲載されている商品・サービスの情報を、それを必要としている方たちに確実に届け、成功を収めたい」そう考えるクライアントにとって、ポスティングはマーケティング結果に基づきターゲットにリーチできる手段として、高い期待を寄せられているのです。

インターネットとの共存が更なる効果を生み出す。

「そうは言っても、いまやインターネットに情報を掲載すれば見てもらえるじゃないか」そういう言葉も耳にします。インターネットは利便性が高く、新聞購読率の減少につながるほどの情報量を持つ媒体であることも確かです。ただ、不特定多数がアクセスするインターネットでは、実際に欲しい情報を入手するまでに時間がかかったり、詳細がわかりづらかったりすることがあるのも事実。しかし、ポスティングされたチラシにURLが記されていたら?―お客様はダイレクトに必要な情報にアクセスすることができ、余計なストレスから開放されるのです。また逆に、新たな情報をインターネットに掲載するタイミングでポスティングをするという戦略を取ることも可能。インターネットうまく共存することで、お客様の行動喚起を図り、さらなる集客・売上UPを目指すことができるのがポスティングの強みなのです。

もちろん、ポスティングがすべてにおいてもっとも有効な手段とは限りません。
そこで、新聞折込との比較を以下の表にまとめました。導入にあたり参考にしてください。